HOME > 導入事例

導入事例

AWS クラウド配信サービス事例

●Amazon CloudFront を利用したコンテンツを配信するウェブサービスです。
 少ない待ち時間と高いデータ転送速度でできる費用対効果の高い方法を提供します。


たとえば、バーゲンサイトの告知ページなどのHTMLベース等の閲覧のみ静的コンテンツを、世界中(大規模)のユーザ向けに配信する場合、非常に有効です。
この仕組みを利用することで、より高速に、より信頼が高く、スケーラブルにコンテンツを配信できるメリットがあります。

  • Amazon CloudFront はセルフサービスの従量課金制システムを提供しており、長期契約や最低料金は必要ありません。
  • CloudFrontはコンテンツをエッジロケーションにキャッシュして動作します。
  • Edge Locationは負荷によって自動的に増減します。
  • コンテンツを置いておくサーバはS3以外でも可能です。
  • CloudFrontの制限について、規定ではお客様の配信物のピーク時データ転送速度1,000メガビット/秒、およびピーク時リクエスト速度1,000リクエスト/秒がサポートされています。このトラフィック量よりも多くを見込む場合は申請が必要です。

AWS WEBサーバのオートスケール事例

●大量トラフィックにもスムーズに対応可能です。

たとえば、テレビやメディアを使った投票システムや、ECサイトの特別タイムセール、キャンペーンサイトなど、一気にアクセスが増えるユーザ向けに、動的コンテンツを配信する場合、非常に有効です。
クラウドを使用しない場合、どれぐらいトラフィックが増えるか等を予測し、かつ手動でサーバを増やしたり、減らしたりしなくてはならなければいけませんが、この仕組みを利用することで、自動的にシステムを伸縮させられるメリットがあります。

  • データ同期用にマスターを1台作成し起動しておきます。
  • マスターはELB配下から外します。
  • CloudWatch、X-MONで監視し、オートスケールを実行。
  • 条件に応じてEC2を拡張/縮小。
EC2を監視する場合のメトリクス例
  • CPU使用率
  • トラフィック量
  • DISK I/O
ELBを監視する場合のメトリクス例
  • LB配下のサーバ数
  • LB配下のサーバのレスポンスコード
XMONで監視する場合
  • 実際のサービス(apache)
  • ログ監視等

AWS 複数アカウントの運用代行事例

●多数のAWSアカウントの管理をされているお客様への運用代行事例です。

多数のお客様のシステムをお持ちでも、各環境毎のAWS環境にVPNを接続し、監視センターから運用代行を致します。 監視状態は、お客様からもWeb画面で確認頂けます。

  • VPN接続でセキュアな状態でお客様のAWS環境の監視、保守、運用を行います。
  • リソースの増減も迅速かつ容易に対応。
  • 監視アラートなどはメール、電話でご報告。
  • お客様はX-MONから監視状態をモニタリング可能。

ニフティクラウドADサーバ構築事例

●従来社内に設置していた、アカウント管理用のActive Directoryサーバ、
 ファイルサーバをクラウド環境上に配置する場合の事例です。


通常、データセンター内や、社内でサーバを管理しなくてはならないですが、この仕組みを利用することで、
実サーバを管理しなくてよい、拡張性が高い(DISKの追加とか簡単)などのメリットがあります。

  • VPNでセキュアなネットワークを構築。
  • 導入、設計、構築、データ移行、監視、保守、運用までトータルにサポート。
  • ディスク容量増設も迅速かつ容易に対応。

ニフティクラウド社内システムのマイグレーション事例

●オンプレミス環境で稼働していたADサーバ、グループウェア、データベースサーバをニフティクラウドに移行した事例です。

クラウドへの移行先と移行元のサーバOSのバージョンが異なる場合のデータの移行にも対応いたします。
バックアップサーバを別リージョンに構築することで、耐障害性を高めます。日々の運用監視もお任せ頂くことで、障害時のバックアップからのリカバリーまでエクストランスにお任せして頂けます。

  • 別リージョンにバックアップデータを保存してDR対策
  • クラウド移行で休日夜間の停電のリスクや障害時の対策を回避

IDCFクラウドDRサイト構成事例

●同じ構成のシステムを別拠点に配置することにより耐障害性を高めるためにクラウドを利用します。

クラウドを使用しない場合、別々のIDCを借りてかつそれぞれにサーバも借りてかつ専用線等も借りる必要がありますが、この仕組みを利用することで、大地震等の災害があった際でも事業が継続できるメリットがあります。

  • 別拠点に同期データを保存してDR対策
  • バックアップサイトのWebサーバーは使わない時は停止してコスト削減
  • プライベートコネクト利用で、閉域網によるセキュア接続も可能

IIJ GIO 仮想と専用のサーバを合わせた事例

●仮想サーバに加えて専用の物理サーバを組み合わせて使用する事例です。
 多くのクラウドサービスの場合、サーバは仮想化により提供されます。


仮想サーバは他の仮想サーバとリソースを共有しているため、ディスクのI/O性能等で他の仮想サーバの影響を受ける場合がありますが、リソースを占有できる専篆、サーバと組み合わせることで、高いI/O性能を必要とするシステムでも高いパフォーマンスでサービスを提供できるメリットがあります。

  • IIJ GIOでは、仮想サーバに加えて専用の物理サーバを組み合わせて使用することができます。
    また、物理サーバの上位プランではストレージにFusion-io社製ioDriveを使用することもでき、アクセスが集中するDBサーバでも高いパフォーマンスを実現できます。
  • この事例では同一ネットワーク内の仮想サーバへX-MONをインストールし、グローバルIPアドレスを持たないホストに対しても監視を行いました。